プロフィール

農園主

ごあいさつ

はじめまして!枡田農園の枡田一洋です。

富山県出身。

石川県羽咋市神子原地区在住です。

妻と子ども2人と柴犬のくろみつ(オス)はちみつ(メス)の家族で

枡田農園を営んでいます。

現在は自然栽培トマト、自然栽培れんこん、神子原くわい、

お米、固定種野菜のタネの採種農家に力を入れています。

くろみつ
よろしくお願いします!!
はちみつ
よろしく!

美しい神子原で

tanada
枡田農園の神子原くわい・れんこん・お米の棚田
ハウス雪
御神木の麓にある枡田農園のトマトとタネの畑

石川県羽咋市神子原地区は

標高461mの碁石ヶ峰の150mから400mの

急峻な傾斜地に点在する農村集落です。

枡田農園の畑や棚田は標高による昼夜の寒暖の差、

生活排水の一切入らない冬の豪雪からの豊富な雪解け水の清流、

木々に囲まれた最高の環境によって甘く旨味のつまったトマト、

清流で育ったおいしいお米や伝統の能登野菜である神子原くわい、

そして次世代へ繋いでいく固定種野菜のタネたちを育んでくれています。

そして最高の環境プラスお米や野菜たち全てに手をかけ声をかけ、

たくさんの愛情で育てています。

ぜひ自慢のお米や野菜たちを味わって欲しいと思っています。

くろみつ
水がきれいだし空気がおいしいし最高だよね
はちみつ
冬の豪雪は本当に大変だけどな

未来へ繋ぐ

zukki

神子原地区へ移住しこの土地の方々と農業をし日々をくらし、

地域や農業を大切にしている姿を見てきたことで

自然栽培だけにこだわるのではなく、

人が代々繋いできたコト、モノを次世代へ繋ぐことに

私たちも力を注いでいきたいと思う様になりました。


そんな中で生産者が減ってきている

伝統の能登野菜「神子原くわい」や

採種する人がいなくなってしまった

「固定種野菜のタネ」の採種農家も始めました。


10年先、そして子どもや孫の代のまだまだ先まで

この素晴らしい環境、伝統、農業、食材、タネを残していけるよう

枡田農園も次に繋いでいく役割を担っていければと思ってます。

くろみつ
こだわりも大事だけどおいしい、楽しいが続ける秘訣だよね
はちみつ
考え方が丸くなっていいんじゃねーか

サラリーマン時代

石川県の印刷会社で10年以上サラリーマンをしていました。

DTPが主な業務です。

新聞の折り込みチラシや雑誌、フリーペーパーなどなど

誌面を作り込んんでいました。

仕事は連日深夜までのハードなものでしたが、

同僚たちに恵まれた楽しい職場でした。

この時期に身につけた技術が

枡田農園のラベルデザインやホームページ制作、SNSに役に立っています。

サラリーマン
くろみつ
茶髪でもしっかり仕事してたらしいよ
当時最年少で主任だったみたいだし
はちみつ
ホントに?疑わしいねぇ
噂によればマッ茶ちゃのクルクルパーマで出社してたらしいやん
くろみつ
若い頃はね…ご主人の名誉のために見せられないなぁアレは
バーベキュー
はちみつ
やっぱり遊んでばっかやん
くろみつ
楽しい職場だったんだよ…
遊んでる写真しか無いみたい…
トマトで喜ぶ
くろみつ
今も毎年トマト食べてくれてるんだよ
ありがたいよね!
はちみつ
あーざーす!

サーファーマー

趣味はサーフィン。

当時は海に入ってから出社するくらい生活の一部でした。

今はたまに入る程度のサーファーマーですが変わらず海は大好きです。

サーフボードとウエットスーツ
サーファー
くろみつ
冬も入るんだよ
はちみつ
何考えてんだ
サーフィン大会
くろみつ
大会も出てみたり
はちみつ
始めて2年目やん!
へたくそなのに出ちゃってねぇ
ハワイの海辺
くろみつ
海が大好きでハワイか内灘に家を建てよう!って考えてたみたい
はちみつ
まさかこんな山奥に住むとはねぇ
人生分からんもんやな
View this post on Instagram

・ 【サーフィンライフ】 雑誌SURFIN’LIFE 1月号 <手土産にしたいサーファーメイドのお取り寄せ> 枡田農園のれんこんチップス&ピクルスが 掲載されました♬ ・ サーファーマーのダンナさん れんこん達に先越されたね!笑 ・ ・ #サーフィンライフ #surfinlife #サーフィン #surfin #サーファー #サーファーマー #石川県 #能登 #羽咋市 #神子原 #棚田 #自然栽培 #無農薬 #オーガニック #自然栽培レンコン #自然栽培れんこん #自然栽培蓮根 #神子原レンコン #レンコン #蓮根 #在来種 #美味しい野菜 #野菜好き #れんこんチップス #野菜チップス #枡田農園

枡田農園さん(@masuda_farm)がシェアした投稿 –

くろみつ
サーファーマーで頑張ってたらサーファーの雑誌に出たんだよ
はちみつ
レンコンたちだけどな

娘がアトピー

2008年に娘が誕生しました。

生まれてからすぐに乳児湿疹が出始め

日を追うごとに肌が荒れ始めました。

 

最初は乳児湿疹がひどいのかなといった程度に思っていましたが

どんどんひどくなり痒くて搔きむしり出血の悪循環に

なんとかしてあげたい!そんな一心でした。

 

病院を受診してアレルギーもあります、

そしてアトピーですねと軟膏を渡されました。

軟膏を塗るとあっという間に治ってしまうことに

驚きと怖さを感じました。

 

薬を塗れば楽になる…でもそれは本当に大丈夫なのか?

 

そんな葛藤をしている中で

食べ物を変えると改善されたという話を聞きました。

娘はまだ母乳なので私たち家族の食事を

無農薬のお米や野菜、こだわりの調味料などに変えて

毎日の食生活をよく考えていきました。

 

そんな感じで日々を意識して過ごしていくと

急激ではありませんが娘の肌が改善されていったことを覚えています。

 

娘のアトピーが食の大切さを気付かさせてくれました。

 

今ではアレルギーもなく、アトピーの気配も一切ない娘を見て

選択は間違いなかったなと確信しています。

 

ここから私たちの人生が大きく動き始めた

ターニングポイントだったと思っています。

脱サラ

娘のアトピーも改善され

自分のサラリーマン生活の意義、

仕事の意味を考えるようになっていた頃に

偶然手に取った木村秋則さんの「奇跡のリンゴ」に衝撃を受けました。


こんな農業をしたい!


そこから早かった!

自分の人生の意味を見つけたように

2009年12月末にサラリーマン生活から一念発起

自然栽培の農家になるため脱サラしました。

2010年1月の新潟での木村さんの講演会で自然栽培をしますと宣言。

木村さんは「とにかく穴を掘りなさい」と教えてくれました。

ここから枡田農園は始まりました。

宣言
くろみつ
脱サラしたんだよ
はちみつ
え?急展開やん!
清々しい顔と娘
くろみつ
木村さんの講演会の後で清々しい顔してるね
これで俺は生きていくってな感じ
はちみつ
娘泣いてるやん
農家の苦労を何もわかってない顔だな

移住そして農家へ

まずは就農先と考える暇もなくコロコロと転がる様に

自然栽培への道は開かれていきました。


人生の師と仰ぐ高野誠鮮さんと出会い

石川県羽咋市神子原地区の限界集落へ移住しました。


一年間高野さんのもとで自然栽培や考え方を学び

2012年に新規就農しました。


高野さんに教えて頂いた考え方

「議論より実践」

まずはやってみよう!という積み重ねが今の枡田農園を築いています。

3人
くろみつ
「議論より実践」いい師匠に出会ったね
はちみつ
就農して8年
毎年新しいこと取り組んでるから家族は大変だよな

もともとモノづくりの仕事でしたので、

何もない大地から農産物をつくる作業は究極にクリエイティブで

みんなが喜んでくれる楽しい仕事だと思っています。

2012年秋

木村さんに初めて会ってから約3年後に

私たちの野菜を品評して頂けました。

ようやくスタートラインに立てた日です。

品評会
くろみつ
励みになったみたいだね
はちみつ
ここからしばらく苦労するからねぇ
よかったな

議論より実践2013

野口種苗
くろみつ
野口種苗の固定種野菜の採種農家になったんだよ
はちみつ
次に繋ぐという考え方はここから始まったんだったな
狩猟
くろみつ
獣害がひどくて猟師にもなったよね
はちみつ
いのしし獲るの!?マジで?
ハウス建設
くろみつ
初めてのハウス建設
自分で育苗ハウス建てれたね
はちみつ
どうなるかと思ったけど、やればできるもんやな
加工所
くろみつ
小さいけど加工所も建てたよね
はちみつ
2013年詰め込み過ぎじゃね?

議論より実践2014−2015

トマトハウス
くろみつ
自分でトマトハウス4棟建ててたね
失敗続きのトマトがようやく収益化
はちみつ
育苗ハウス建てたからって、あれはさすがに無謀だと思ったよ。
でもやってよかったな
棚田
くろみつ
棚田の田んぼ9枚増えたんだよ
はちみつ
がんばるねぇ

議論より実践2017

くわい
くろみつ
神子原くわいも始めたよ
はちみつ
また増やしたんかい

議論より実践2018

れんこん
くろみつ
神子原在来のレンコン始めたね
はちみつ
もうここまできたら泥にまみれろ!

議論より実践2019

こんな感じで2019年も「議論より実践」で進んでいきます!

皆さまどうぞ枡田農園をよろしくお願いします。

くろみつ
応援よろしくお願いします
はちみつ
よろしくねーーー♡